住宅リフォームでイキイキ生活~快適設備をHome Plus~

リフォームを行う

床暖房の施工範囲を明確にする

住宅のリフォームを行う時には計画に十分時間をかけて検討することが必要です。新築当時とは異なった環境や家族構成を踏まえて設計をする必要があります。床については最近のリフォームではフローリングフロアーにして床暖房を採用するケースが増えています。ここで注意を要することは床暖房の施工範囲を明確にすることです。床暖房は効果が表れるには時間がかかりますので、急ぐ時にはエアコンと一緒に稼働させなければ即効性がありません。したがっていつもいない部屋に取り付けても無駄になってしまいます。また、金額的にもかなり高くなりますので部屋中に床暖房を設置する必要はありません。予め家具や固定しておく電気製品などの位置を決めておけばそこを避けて設置することが出来ます。

リフォームをすると気分が一新する

長く住み慣れた住宅でも最近の建築技術は革新的になっているのでリフォームをするとまるで新築同然に感じられるように様変わりをするので気分が一真します。床暖房を採用すると冬には部屋全体に床からの暖かさが伝わるためエアコンにはない温かみが感じられます。リフォーム計画をする時には居間やキッチンは優先的に床暖房を採用すると住み心地が格段に改善されることになります。床暖房の欠点は部屋を暖めるのに時間がかかることです。予め早めに準備をしておけば必要な時には部屋が暖まっています。急いで部屋を暖めなければならない場合にはエアコンを同時につけて部屋が暖まった頃を見計らってエアコンを切れば穏やかなぬくもりを早く味わうことが出来ます。